What we aim

公共の役割を、民間の立場から

私は学生時代から、都市計画や安全管理、マルチメディア教育など、従来であれば公共の立場が行う仕事を民間で行うことに興味があり、半官半民のような意識でビジネスにたずさわってきました。 その内の一つとして、コンピュータを使って子どもの思考力を育てるビジネスをしていた時期に、 縁あってジープラの前身であるゲーム開発会社のポリゴンマジックを経営することになり、そこからモバイルコンテンツの開発会社として、ジープラを分社化・設立いたしました。



スタッフにレベルの高い
仕事を経験してもらいたい

ジープラという会社をスタートするにあたっての「想い」のひとつとして、“スタッフにレベルの高い仕事をしてほしい”ということがありました。
仕事のレベルというのは、単にプログラミングやコーディングといった技術のレベルだけではなく、自分たちが作った商品を、一人でも多くのお客様に使っていただけることだと考えています。


お客様、つまり、ゲームで遊ぶエンドユーザが「どんな環境で」「どんなモチベーションをもって」「どういうことに驚きや喜びやイライラを感じながら」遊ぶのか、という点に対する異常な執念なくしては、ゲームというコンテンツはちゃんと作れないはずなのです。
ジープラが提供しているモバイルゲームは、携帯キャリアや特定のゲーム機による制約がなく、誰もがアクセスできる新しいプラットフォームです。だからこそ、本当にエンドユーザのことを考えた開発ができるのです。



ジープラの組織図は、
ユーザが一番上にいる


モバイルゲームとは、携帯キャリアの公式サイトに縛られていたこれまでのビジネスモデルに代わる、次の潮流です。それは同時に、「モバイルコンテンツ配信におけるオープン化」を意味しています。
それにより携帯キャリアやゲーム機のようなハードウエアを送り出した会社が、ユーザを確保できるという時代は終わり、BtoBtoCでないとゲームが提供できないという前提は崩れ去りました。
エンドユーザのことを一番に考えるために、エンドユーザに対して直接ビジネスをするという環境になったのです。


お客様のことを考えたゲーム開発という点においては、現在のジープラでは達成度60パーセントといったところでしょうか。ゲームで遊ぶエンドユーザのことを中心に考えるという意識が強くなってきました。あとの40パーセントを達成すべく、チーム力・個人のスキル・経験はもちろん、個人の「想い」の強さなどを、さらに伸ばしていきたいです。



短期的な気持ちよさと、
中長期的な快感のバランス

働き方について、スタッフにこんな話をすることがあります。 仕事でも人生においてもそうですが、短期的な快感と中・長期的な快感というのは、相反する面があります。その両方をうまく満たすということが大切で、中・長期的な快感を得ようとするためには、短期的な快感を我慢しなければならないこともあるでしょう。 例えば短期的な快感を得ようと10個あるうち10個とも求めてしまうと、ふと何年か経って振り返ったときに、「自分は成長しているだろうか」とか「ここにいて何を得たのだろうか」ということに気づき、後悔する羽目になると思うのです。 かといって、短期的な快感すべてを犠牲にしても仕方がないと思うので、ジープラのスタッフにはその2つのバランスをうまくとりながら働いてほしいなと思っています。



自分がジープラに
貢献できる武器と、
自分に足りていないものを
両方もってきてほしい

ジープラの採用に応募し、この会社に参加したいと考えている方には、会社を見極めるポイントとして「自分がジープラに貢献できるスキルや経験」と「自分が持っていないもの、足りないもの、求めたいもの」の両方を探してほしいです。 この会社に入ることで、自分自身に何も得るものがなければ、働いていても段々つまらなくなってしまうと思いますし、逆に「会社に入ったら学べる」としか考えていない方も、この会社では幸せにはなれないでしょう。 両方をちゃんと見つけられた方が、このジープラという会社の中でいい仕事をし、さらに自分自身も仕事に気持ちよさを感じられる人になれると思っています。



会社のビジョンや
ミッションは、
ひとりひとりの意思決定と
行動の積み重ねで決まる

今のジープラは生まれたばかりですので、会社の「色」や「文化」を模索している最中です。
チームメンバーの1人1人が、その瞬間、瞬間で正しいであろうと考えて選択をし、意思決定と行動を積み重ねていくことで、「我々の会社はこういう文化で、こういう強みを持っている」ということを外部に対して発信していきたいと考えています。

言葉にされたビジョンやミッションを最初につくってしまうのではなく、直面する目標を1か月ずつ、1年ずつ達成させていく過程で、会社内での行動や思考パターンの共有感が生まれます。目標をどう達成させていくか、という方法論の中に「我々らしさ」が生まれ、それが会社のカルチャーとなり、ジープラのビジョン・ミッションに育っていくことを目指しているのです。